« デリー市内 | トップページ | デリーの女の子達 »

貧しさ

貧しさに負けた!いいえ世間の負けた!(昭和かれすすき)

速いもので、インドから帰ってきてから1カ月が過ぎてしまいました。8月はお稽古ごとは全て夏休み。9月から再開いたしました。着物の着付け、帯が結べません、お謡、声が出ません!生け花、ススキとトルコ桔梗と格闘!

有難いことに、ススキのお陰で、「貧しさに負けた!いいえ世間に負けた」のメローデーがでてきて、歌えたんです!1ヵ月前のことは忘れてしまったんですが、昔のことは覚えていたんです。

忘れないうちにデリーのことを思い出して書きます。デリーの町中には貧しい人達がおりました。貧しさとは、「今晩食べるものがない」ことです。作家の曽野綾子さんが、あるご本にお書きになっておりました。アフリカやインドには、「今晩食べるものがない」人達がいるんです。日本では、貧しい貧しいといっても「今晩食べるものがない」人はいないでしょう。「貧しさに負ける」人はいないんです。日本人は世間様に負けてしまうんです。突然ですが、藤圭子さんが自殺しました。彼女は何に負けたんでしょうね~?045

デリーで見かけた子供達は「逞しい」。048
裸足の女の子です。お兄さん達を相手に商売しています。036
この真剣な顔の少女達の目をみてください!063
「ね~お願い、買ってよ~!」女の子を武器にしています。

|

« デリー市内 | トップページ | デリーの女の子達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧しさ:

« デリー市内 | トップページ | デリーの女の子達 »