« クチャ観光 | トップページ | ひまわり娘 »

スバシ故城

023

チェルターグ山(何もない山の意味)の南麓に広がる仏教遺跡のスバシ故城です。027_2
見事になんにもありません。砂岩だけです。048_2
20世紀初頭に日本の大谷探検隊が発見した仏舎利です。この時に見つけて舎利箱は、現在上野の博物館に保管されているそうです。047
ここは、唐の時代には亀茲国最大の寺院だったそうです。後ろに見えるクチャ河を挟んで東寺区と西寺区に分かれています。西寺区だけが見学可能です。628年には玄奘三蔵がここに2カ月滞在したそうです。
026
花の名前はしりませんが、砂嵐に耐えて可憐なはなが咲いていました。「逆境にこそ、綺麗な花が咲く」人間もそうなんでしょうか!?

|

« クチャ観光 | トップページ | ひまわり娘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバシ故城:

« クチャ観光 | トップページ | ひまわり娘 »