« 塩のホテルその1 | トップページ | チキニ洞窟 »

リャマの母子

目のなかにリャマの母子の優しさや

ボリビアにきて5日目、身体がやっと慣れてきました。ホテルの庭にでるとトゥヌパ山が目の前に聳え立っています。P3068294
標高5432メートルなのに、日本の多摩川から見る富士山より低く見えます。
ジープに乗って、チキニ洞窟見学に出発。私が乗ったジープには、30代の素敵な女性が2人、ボリビアの20代イケメンガイド君が同乗。そして20代のイケメン運転手、私が入って、平均年齢がぐっと上がりました。会話はスペイン語と英語。私は助手席でデコボコ道を走る運転手君の邪魔をしないように大人しくしていました。若い男女が2人づつ、そこにおばあさんです。「間違いがあってはいけない!」と、しっかりと御目付け役に徹しました。P3068293
車窓には。P3058031
リャマが長閑に餌を食べています。なにを食べているんでしょう~!P3068235
リャマの親子です。「まぁ~可愛い~!」P3068236
思わず、「こっち向いて!」と声をかけたら、「はい!」それも母子揃って、「やった~!」なんとなんと、言葉が通じたのです、それも日本語が。
P3068234
孫達に見せてあげたい!

|

« 塩のホテルその1 | トップページ | チキニ洞窟 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リャマの母子:

« 塩のホテルその1 | トップページ | チキニ洞窟 »