« 列車の墓場 | トップページ | 美術展 »

ご恩

041

私がお借りしているお寺のご住職のお書きになった今月の書です。
今日は、お仕事をいただいている法人から御祝いのお花をいただきました。司法書士になってから40年ということで、ボールペンの粗品をご縁をいただいた方に差し上げております。「海老鯛」状態です。044
後ろの黒い漆塗りの家具も、時計もご縁のあった方達にいただきました。中のお皿もお人形も。045
この花瓶も。
ほかにも、この63年の間に沢山のものをいただいております。事務所にあるもの、住まいにあるものほとんどのものがいただきものです。不思議です。何故、こんなにも素敵なもの達が私のところにきてくれるのでしょうか?もちろん目に見えないたくさんのものもいただきました。
ご住職は、私のためにこの書をお書きくださったのです。
「恩返し」の文字が頭に浮かんできています。鶴のようになりたいものです。

|

« 列車の墓場 | トップページ | 美術展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご恩:

« 列車の墓場 | トップページ | 美術展 »