« インカ・ワシ島その1 | トップページ | 音を観て、光を聴く旅 »

インカ・ワシ島その2

インカ・ワシとは、インカの家という意味。古代インカ帝国のケチュア語だそうです。P3078427

ウユニ塩湖には32の島があります。この島が唯一、観光客に開放されています。入園料を払っての入島だけあって、立派なトイレがありました。島全体にハシラサボテンが生えています。P3078431
異様な景色です。右を向いても左を向いても  サボテン。P3078441
ごつごつしたサンゴ礁の化石のうえをゆっくりゆっくりを登っていくと。またもや青と白の世界が。P3078448
息切れがします。ここは、富士山よりちょっと低い3660メートルの高地。太陽に近いので、日差しが強くて肌がひりひり。P3078456    
遠くには、優美なトゥヌパ火山の御姿が。
P3078480
やっと、頂上に。そこには立派なサボテンが、樹齢900年!?!?サボテンから気をもらいました。サボテンは、1年に1センチの成長です。ということは、10年で10センチ、100年で100センチ、163年で163センチ、、、、私がサボテンに生まれていたら、63年の私はまだ63センチということに。ということは、163センチになるのはあと100年、、、頭がくらくらしてきました。昔から算数が苦手で、計算をすると、頭が痛くなります。P3078470
このサボテンは何歳?
P3078469
このもやもやの中に10歳ぐらいのサボテンが。P3078498
太古の昔、ここが海のそこだった。どんな魚が泳いでいたのでしょうか!?!?P3078491
素晴らしい景色を見ながら、ピクニックランチをいただきました。添乗員さんが、朝起きして作ってくれた混ぜごはんを、涙がでるほど美味しくいただきました。

|

« インカ・ワシ島その1 | トップページ | 音を観て、光を聴く旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インカ・ワシ島その2:

« インカ・ワシ島その1 | トップページ | 音を観て、光を聴く旅 »