« ホータンへその2 | トップページ | マリクワット古城 »

ホータンへその3

174

バスの窓からは荒涼した風景が続きます。バスの中では、ウイグル語講座が行われました。ことこと会話のプリントを見ながら、「こんにちは、ヤクシムスイズ」、「ありがとうは、ラフメット」、「さよならは、ホシュ」、「どういたしましては、アルズマインドゥ」、「ごめんなさいは、ケチュルン」。右から入って左に流れてしまいます。何度やっても覚えられません。ガイドの馬さんは、これから毎朝、試験しますので、覚えて下さい。と、上手な日本語で、私は、この歳では「無理、無理」と、、、バスの外は、砂埃で外がよく見えません。仕方なく、プリントを見ながら、自習しました。019
14時30分、ホータンに到着、早速に町のレストランで昼食です。ここでも羊のお肉がてんこ盛りのピラフと、020_2
ヨーグルトです。
レストランに大きなビデオカメラとマイクをもった若者が入ってきました。何だろうと見ていると、おじさんとおばさんがどやどやと入ってきて、テレビの撮影のようです。何かお金持ちの人達の集まりのようです。021_3
この安部総理似のおじさんは、気品のある○○さんに話しかけてきました。
国際交流しましょう~!ということで、日本国の代表と新彊ウイグルの代表が「固い握手」を。いい顔してますね~!
029
おじさん達に負けじと、□さんと私も国際交流しました。「ヤクシムスイズ!」、「ラフメット」。「ホシュ」この3語のお陰です。

|

« ホータンへその2 | トップページ | マリクワット古城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホータンへその3:

« ホータンへその2 | トップページ | マリクワット古城 »