« お祭り | トップページ | 元気なおばさん達 »

ティワナク遺跡

5月も残り少なくなってしまいました。タクラマカン砂漠から帰ってきてから、雑用にかまけてなんとなくなにもせずに日々を過ごしてしまっています。なんなく気持ちが落ち込みそうです。そこで、そうだ!まだ、ボリビアの旅のこと書いていない!なんとかせねば、、、、

ということで、今日からボリビアの旅に。
3月4日、この日は、朝6時に起床しました。朝起きたら、「頭が重い、吐き気がする」まさに
二日酔いの症状です。ラパスに入ってからアルコール断ちしていたのに、かかってしまいました。「高山病」に。朝食はパス。8時にホテル出発、ボリビア最古のプレ・インカ時代のティワナク遺跡と月の谷の観光に出かけました。二日酔い状態でバスに乗り込みました。それからは、「話も涙、聞くも涙」状態でした。P3047852
やっと、遺跡に到着いたしました。標高3970メートルです。2000年に世界遺産に登録されています。P3047858
遺跡全体の大きさは4キロメートル四方に及んでいます。それにしても標高3900メートルの高地に誰が何の目的でこの壮大な都市を築いたのでしょうか?
P3047867
太陽の門です。高さ3メートル、幅3,75メートル1枚の岩が、つるつるに加工されて作られています。門の上部にはピラコチャ神と神を囲んで、飛ぶ48の鳥人が刻まれています。P3047866
遺跡は、すべて石、それも巨大な石でできています。雲がすぐそこに、手を伸ばせば、つかめそうです。P3047863
ポンセ石像の前にやっとたどり着きました。立っているのがやっと。高山病にかかった病人です。この像は、身体中に模様が彫られ、柄のパンツをはいて、涙を流しています。高山病にかかってもやってきた私を憐れんでの涙でしょうか?P3047856
ティクワナ文化は、紀元前200年から紀元後1200年頃まで続いたとのことです。このあと半地下神殿に行きたかったのですが、吐き気とめまいで、見学を諦めました。残念です。

|

« お祭り | トップページ | 元気なおばさん達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティワナク遺跡:

« お祭り | トップページ | 元気なおばさん達 »