« きものショウー | トップページ | シュエダゴンバゴタ »

花嫁の着付け

きものショーの続きです。舞台では、「きもののいろは」、「きものの種類 えとせとら」、「風の色水の色、織りと染の調べ」、「礼装を纏う歓びの日」、、、、次から次へと着物のモデルがしゃなり、しゃなりと。063

素晴らしいお振袖です。
016
今年8歳になる孫娘が、お振袖を着るまでは、元気で生きながらえたいものです。032
「礼服をまとう歓びの日」紋付袴、留袖、七五三さんの御宮詣り等々、「きもの文化」です。103
いよいよショーもタケナワ、赤い襦袢のきれいどこが、舞台に。102
「雅やかに幸せにつつまれて 花嫁プロセス」と題して、舞台での着付け実演です。105
あっという間に花嫁が出来上がりました。「おみごと!」104
圧巻でした。116
最後は、この学院の先生がたのご挨拶で、ショーは終演となりました。それにしても、この学院の生徒は優秀な人が多いんです!どうしたらこんなにきれいに着物が着れるのでしょうか?なぜ、私は綺麗に着れないんでしょうか?
今、落ちこぼれてしまった私の目の前には、「退学」の文字がぶら下がっています。どうしましょう!
卒業まで、あと2年です。退学勧告をうけないように頑張ります!一瞬、70歳の時には、この学院の先生になっているかも!?!?
www.aoyamakimono.com/

|

« きものショウー | トップページ | シュエダゴンバゴタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花嫁の着付け:

« きものショウー | トップページ | シュエダゴンバゴタ »