« 73歳世界を歩く | トップページ | ナッ神 »

ポッパ山

ミャンマーに着いて最初の観光は、ポッパ山の麓にあるタウン・カラッでした。ポッパ山は、25万年前に活動を停止した標高1518メートルの死火山。20130121_129

タウン・カラッの標高は737メートル。頂には、「あれまぁ~!あんなところに寺院!?」
この景色を見ながらレストランで登頂前の「腹ごしらえ」。この日は朝4時起きしてやっとここまで来ました。初めてのミャンマー料理です。なにをいただいたか忘れてしまいましたが、「美味しかった!」ことは記憶にございます。なんたって、このミャンマー旅行で2キロも体重が増えてしまったからです。20130121_133
ミャンマービールも美味しくいただきました。
20130121_060
因みに、「ポッパ」とはサンスクリット語に由来し、「花のあふれた」といったような意味があるとのこと。20130121_063
花のような笑顔の女の子に出会いました。スペインのグラナダに住んでいる孫娘のソフィアを思い出してしまいました。5月の連休には会いに行きます。小学校の2年生ですから大分大きくなっていることでしょう!今から楽しみです。

|

« 73歳世界を歩く | トップページ | ナッ神 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポッパ山:

« 73歳世界を歩く | トップページ | ナッ神 »