« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月

いろいろなことを思い出すさくらかな(芭蕉)

桜が散ってしみましたが、いろいろなことを思いだしています。昨年は予定通り6回海外に出かけることができました。何処に行ったかまでは思い出しているのですが、、、旅行記がブログに書けていません。なんとか書かなければ、折角行ったのに「もったない!」と、思っているところに、「カンボジアに行ったときの雑文を書いてみませんか?」とのメールを友人からいただきました。

そこで、今日からカンボジア旅行記と相成りました。2011年11月1日から11月6日の6日間の旅でした。世界遺産のアンコールワットは、残念ながら一部修復中で絵葉書のようなお美しい姿はみられませんでした。M1430094
その代りに美女たちがお迎えしてくれました。
M1430101
難民風のおばさん
M1430110
懐かしい顔
M1430014


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰しました。

2か月ものご無沙汰です。

2月21日で62歳になりました。60歳の手習いで始めたブログが、このところ手つかずの状態でした。2年も経つと少しは上達するはずなのですが、、、やっぱ、無理ですかね~!人並みに欲がでてきたのかもしれません!

海外に脱出した息子の部屋の本棚から「文章力が身につく」「書く力がつく」等々の書籍を引っ張り出してきました。読んでいるだけでは「駄目!」ということが解りました。そこで、今日からまた書くことにします。

4月13日は、際の国さいたま芸術劇場にシェークスピアのロマンス劇「シンベリン」を見に行ってきました。このお芝居は、ブリテン(英国)とローマを舞台に、登場人物が家族の離散や再会、幾多の試練を乗り越え、波乱万丈の末にハッピーエンドを迎える物語。

舞台装置が、圧巻!「源氏物語の雨夜の品定め」をイメージした大和絵、「山水画」「大写しの満月」堪能しました。脇役の勝村政信さん、舞台の上を存在感が洋服をきて走っていました。正統派の演劇人ですね!

大竹しのぶさんが、とても可愛らしくて、、、「私生活で次から次へと男を渡り歩いている(これは、私の僻み)」体験が体から溢れていました。あのイケメンの阿部寛さんと舞台の上で、堂々とベタベタでした。あっ!これって鬼婆になちゃっている証拠かも?、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »