« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

魔術

ブードゥーの魔術かけられ踊りだす


フンジャフンジという小さな村では、ザンペトの儀式を見学。ザンペトは傘みののようね被り物のこと。770
村の神官が、この中に鳥をいれてローストチキンにしてたり、粉の状態の雑穀をクスクスの食べ物にしたり、となんだか訳の判らない魔術を披露してくれました。アフリカの強烈なあの太鼓のリズムが村中に鳴り響くと、どこからともなく、村人が集まってきて踊りだします。
800
子供達も元気に遊んでいます。電気のガスももちろん携帯電話のない、着ている洋服も古着、この村には貧富の差もないようで、老人達も子供達も独特の雰囲気です。
755
「幸せって、なんだっけ、なんだっけ!」
836
時が止まってしまうような、この「まったり」感は、なんなんでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精霊

精霊に守られし旅ありがたし

ブードゥーという言葉はフォン族の言葉で「精霊」という意味をあらわしているとのこと。植民地時代の奴隷貿易でカリブ海地域へ強制的に連行された人々の伝承、信仰がキリスト教と融合されてできた宗教。

この日は、ブードゥー教発祥の地の聖なる森の見学。16世紀にウィダ王国の王が死後、生まれ変わって樹木になりこの森を造ったということで森全体が聖なるものと。725
森には精霊達の像があちこちに。なかにはこんな精霊も
738
精霊のイメージが、、、私のイメージと全然違っていました。見るもの、聞くもの、食べるもの初めてづくし。初めての体験、木に抱きつきました。
737
恥ずかしいので、首をかしげてごらんあれ~ !  この木に宿っていた精霊のお陰でしょうか、旅の終わりに30代の男性から、なんと!もしかしてナンパ?。思わず「私には2人も孫がいるのよ、わたしはおばあちゃんよ!」さけんでました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »