« トラック | トップページ | 世界遺産 »

村の家

ブードゥーのいけにえかざる村の家

トーゴからベナンへの国境手続きはなく、すんなりと入国できました。ブードゥー教はベナンの国教。もともとは植民地時代の奴隷貿易でカリブ海地域へ強制的に連行された人々の伝承、信仰がキリスト教と融合してできた宗教とのこと。ブードゥーという言葉はファン族の言葉で「精霊」という意味だそうです。
2004年にユネスコの世界遺産に登録されたタンバルマ郷の伝統住居を見学。446

外敵や家畜を襲う野生動物から家を守るために、住居の入り口にはブードゥーのご身体がまつられて生贄が。
452

住居スペースと
454
穀物倉庫は、屋上部分にあります。あちこちに人類の知恵が。
455
穀物倉庫を開けて覗かせてもらいました。
459
この住居に住んでいる姉妹です。若い女性のとなりに並ぶと、目立ちますね!おっぱいのないのが、、、

|

« トラック | トップページ | 世界遺産 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村の家:

« トラック | トップページ | 世界遺産 »