« 深呼吸 | トップページ | 尼僧 »

ポタラ宮

カンナ咲く主のいないポタラ宮 心配していた高山病にもならず、いよいよポタラ宮見学の日を迎えました。ポタラ宮に行くまでの歩道を、まに車を回しながら歩いている人達の行列をバスの車窓から見ながら、広場に着きました。広場でポタラ宮を背景に記念撮影。141 ポタラ宮は、ダライ・ラマの宮殿で、その規模は高さ115メートル、東西360メートル、総面積41キロメートルにも及んでいます。1994年に、ユネスコの世界遺産に登録されました。ポタラ宮の建設は、1645年から始まり、完成は1695年といわれています。1695年から約300年1959年3月にダライ・ラマ14世がインドに亡命するまで、このポタラ宮は、チベットの聖俗両界の中心地となったのだそうです。今が、2010年ですから、約50年主のいないポタラ宮になっています。 144 ポタラ宮は、ダライ・ラマ5世の建立した白宮と彼の死後に造営した紅宮を中心とする複合建造物で、その内部は迷宮のように入り組んでいました。大変だったのは、たった1時間でこの宮殿を見学しなければならないことでした。

|

« 深呼吸 | トップページ | 尼僧 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポタラ宮:

« 深呼吸 | トップページ | 尼僧 »