« 介護つかれ | トップページ | 親孝行 »

息子へ

巣立ち行く息子へ送るメッセージ

末の息子が、いよいよ私の手元から巣立って行くことになりました。一抹の寂しさを覚えています。亡くなった母も兄たちが就職、結婚のときは同じような思いをしたのでしょうね!

男の子を育てた私の友人達は、男の子は結婚したらお嫁さんの実家にお世話になるのよ」、「男の子は当てにしてはだめよ!」と異句同音につぶやいている。

娘が嫁にいくとき「旦那さんのお父さんお母さんに可愛がってもらいなさいね!」と言ったことを想い出しました。同じことを息子に「およめさんのお父さんとお母さんに可愛がってもらいなさいね!」と言えるかどうか、今のところ不安です。

私には1人の娘と2人の息子がいます。子供達が小さい頃、仕事先に3人を連れていくこともありました。お姉ちゃんがしっかりと下の弟達の面倒をみてくれていました。そのようなとき「いいお子もちですね!女の子がいていいですね!」とよくいわれました。

想い出してみると、声をかけてくださった方たちは今の私のような年齢の初老のご婦人達でした。

本音をいえば、「男の子より女の子のほうがいい」でしょうかね~!「娘だったら、私が呆けたときは私の世話をしてくれる、お風呂に一緒に入って体を洗ってくれる、同じ話を何度も何度も聞いてくれる。」

よっしゃ!息子には、「あんたには、世話にならないよ!」と、啖呵をきって送りだしましょ~う!

|

« 介護つかれ | トップページ | 親孝行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子へ:

« 介護つかれ | トップページ | 親孝行 »