« ぼけたらあかん | トップページ | 初笑い »

ぼけたらあかん第2弾

第2弾ぼけたらあかん徳積みや

なんぼ銭金あってでも 死んだらもって行けまへん あの人ほんまにええ人や そないに人から言われるよう 生きてるうちバラまいて 山ほど徳を積みなはれ ぼけたらあかんぼけたらあかん 長生きしなはれや

徳積みで想い出しました!3年前の夏、一人でウイーン、ザルツブルグに行った時のことです。ザルツブルグの安宿に泊まり、バスに乗りあのサンドミージックの舞台となった村や教会を巡って帰ってきました。喉が渇いたので、ビールを飲みにカフェバアーへ、お金を払おうと、お財布を捜しました。「やばっい!」

青くなりました!財布にはカードと安宿のカギカードとユ~ロと、、、、、、、、深呼吸しました。「あっ!バスの中に落としちゃった!」駅のバスの営業所に向かいました。

「バスのなかに財布を忘れました。バスのなかを探させてください」「どのバス!何処から乗ったの!何処で降りたの!」地図を見せて説明しました。

「そのバスだったら、10分後にここに戻ってくるから、待ってれば」あの10分の長かったこと。有りました!私が座っていた座席の下に。

そのことを、ウイーンからマラガに行く飛行機の隣に座った素敵な日本人の女性(フランクフルトに住んでいてマラガにゴルフにいくとのこと)に話ました。

「貴女はとても幸運な人です。御先祖さまが沢山の徳を積んでくださったのでしょうね、日本に戻ったらお子さん達のために徳を積みをなさいね!」ヨーロッパの空の上で、徳積みの話なんて、不思議ですよね!

因みに、その素適な日本人は、ロンドンで生まれ育って、結婚後はフランクフルトに住んでいるとのこと、あんなに素適な日本人に日本でも会ったことがありませんでした。

|

« ぼけたらあかん | トップページ | 初笑い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼけたらあかん第2弾:

« ぼけたらあかん | トップページ | 初笑い »