« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ぼけたらあかん第2弾

第2弾ぼけたらあかん徳積みや

なんぼ銭金あってでも 死んだらもって行けまへん あの人ほんまにええ人や そないに人から言われるよう 生きてるうちバラまいて 山ほど徳を積みなはれ ぼけたらあかんぼけたらあかん 長生きしなはれや

徳積みで想い出しました!3年前の夏、一人でウイーン、ザルツブルグに行った時のことです。ザルツブルグの安宿に泊まり、バスに乗りあのサンドミージックの舞台となった村や教会を巡って帰ってきました。喉が渇いたので、ビールを飲みにカフェバアーへ、お金を払おうと、お財布を捜しました。「やばっい!」

青くなりました!財布にはカードと安宿のカギカードとユ~ロと、、、、、、、、深呼吸しました。「あっ!バスの中に落としちゃった!」駅のバスの営業所に向かいました。

「バスのなかに財布を忘れました。バスのなかを探させてください」「どのバス!何処から乗ったの!何処で降りたの!」地図を見せて説明しました。

「そのバスだったら、10分後にここに戻ってくるから、待ってれば」あの10分の長かったこと。有りました!私が座っていた座席の下に。

そのことを、ウイーンからマラガに行く飛行機の隣に座った素敵な日本人の女性(フランクフルトに住んでいてマラガにゴルフにいくとのこと)に話ました。

「貴女はとても幸運な人です。御先祖さまが沢山の徳を積んでくださったのでしょうね、日本に戻ったらお子さん達のために徳を積みをなさいね!」ヨーロッパの空の上で、徳積みの話なんて、不思議ですよね!

因みに、その素適な日本人は、ロンドンで生まれ育って、結婚後はフランクフルトに住んでいるとのこと、あんなに素適な日本人に日本でも会ったことがありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼけたらあかん

朝起きてぼけたらあかん寝る前も

80歳の素敵な紳士から温泉土産をいただきました。手ぬぐいです。広げてみると、「ぼけたらあかん、長生きしなはれ」の黒字が、綿面(?)紙面(?)誌面(?)いちめん花盛り、、、、

年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣き言に 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは褒めなはれ 知ってることでも知らんふり いつでもアホでいるこっちゃ ぼけたらあかんぼけたらあかん 長生きしなはれ

勝ったらあかん負けなはれ いずれお世話になる身なら 若いもんには花持たせ 一歩さがってゆずりなさい いつも感謝を忘れずに どんな時でもおおきにと ぼけたらあかんぼけたらあかん 長生きしなはれや

手ぬぐいを壁面に張りました。朝起きて、大きな声で「ぼけたらあかん!」寝る前に「ぼけたらあかん!」久しぶりに泊まりにきた息子が、「まいったな~ おふくろ、ぼけちゃった?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親孝行

親孝行してないのに子に期待

親愛なる友人から、「ブログ読んだわよ!娘もダメよ!子供は親の面倒なんて一切みないわよ!、それに貴女、親の面倒みた!親孝行した!」きつい一言。

親孝行してないねえ~面倒みてないねえ~!だって、「親孝行したいときには親はなし」だもん!

今のところ私はすこぶる健康だから100歳まで生きそうだ。「親孝行したくないのに親がいる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子へ

巣立ち行く息子へ送るメッセージ

末の息子が、いよいよ私の手元から巣立って行くことになりました。一抹の寂しさを覚えています。亡くなった母も兄たちが就職、結婚のときは同じような思いをしたのでしょうね!

男の子を育てた私の友人達は、男の子は結婚したらお嫁さんの実家にお世話になるのよ」、「男の子は当てにしてはだめよ!」と異句同音につぶやいている。

娘が嫁にいくとき「旦那さんのお父さんお母さんに可愛がってもらいなさいね!」と言ったことを想い出しました。同じことを息子に「およめさんのお父さんとお母さんに可愛がってもらいなさいね!」と言えるかどうか、今のところ不安です。

私には1人の娘と2人の息子がいます。子供達が小さい頃、仕事先に3人を連れていくこともありました。お姉ちゃんがしっかりと下の弟達の面倒をみてくれていました。そのようなとき「いいお子もちですね!女の子がいていいですね!」とよくいわれました。

想い出してみると、声をかけてくださった方たちは今の私のような年齢の初老のご婦人達でした。

本音をいえば、「男の子より女の子のほうがいい」でしょうかね~!「娘だったら、私が呆けたときは私の世話をしてくれる、お風呂に一緒に入って体を洗ってくれる、同じ話を何度も何度も聞いてくれる。」

よっしゃ!息子には、「あんたには、世話にならないよ!」と、啖呵をきって送りだしましょ~う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護つかれ

年の瀬に介護疲れが死を招く

昨日の夕刊の記事です。「介護つかれのはてに老妻が2年前に脳梗塞で倒れた夫をひとりで介護していて、疲れすぎて夫に除草剤を飲ませて殺し、その後自殺をはかった。」

なぜ、介護保険を使って、プロのひとに介護をお願いしなかったのか?なぜ、このような事態になるまで、周りの人たちはほっといていたのか?

どのような思いで、除草剤を飲ませたのだろうか?もし、私がこの老妻だったら?

今夜は仏壇に手を合わせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護士

法子さん介護士めざしてがんばって

区役所からいただいてきた「介護保険の手引書」を老眼鏡をかけて、こたつに入り読みました。計算式が記載されていましたが、よく解かりません。が、介護保険料は死ぬまで支払うことが解かりました。

私の場合、5年後には国民年金が支給されます。多分月額6万円位ですので、そこから介護保険料が差し引かれると、いくらいただけるのでしょうか?心細くなってきました。

覚醒剤取締法違反の罪で懲役1年6月、執行猶予三年の判決をうけた酒井法子さんが「介護士」を目指して創造学園大学のソーシャルワーク学部に入学したそうです。その大学のホームページを覗いてみると、にっこり微笑んでいる法子さんを真ん中に美女、美男が目に飛び込んできました。

近い将来、頼もしい若者たちが「介護の現場」で活躍してくれることを、密かに期待して国民の義務になっている介護保険料を支払うことにします。

法子さんが、大学のホームページで、カメラ目線で口角を上げた得意の笑顔で「一緒にがんばりましょう!」と、創造学園大学に誘っています。

なんだかよく解からないけど、「一緒にがんばりましょう!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険料

いくらかな介護保険料の支払は

私の変なくせのひとつに、「ほっとけない!」みのさんみたいなところがあります。早速、区役所に行ってきました。「介護サービスを利用するつもりがないので介護保険に加入しなくてもいいですか?」ご丁寧な回答をいただきました。「介護保険は、介護を必要とする人を社会全体で支えあう社会保障制度です。サービスの利用をするしないにかかわらず、40歳以上の方は全員加入して、保険料を納めていただきます。これは国民の義務です。」そうだったんですか!

「因みに私はいくら介護保険料を納付しているのですか?」またまたご丁寧に回答をいただきました。「貴女は年額100,800円です。」またまたそうだったんですか!「これって何歳までおさめるんですか?」もっとご丁寧に「65歳まで、今の金額です。65歳から保険料の基準額によって決定されます。」「基準額ってどうのように計算するんですか?」「手引き書に書いてありますからそれを読んで下さい!」

家に帰って「手引き書」を読みました。65歳以上の方の保険料の決め方は、今後3年間の介護サービスにかかる経費の見込みなどをもとに保険料の基準額が決まります。その上で、所得に応じて9段階(10種類)に区分され、その基準額は3年毎に見直されます。

ということは、、、おひとりさまの私は、寒い夜膝小僧を抱えて考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険

介護保険ってなんだっけなんだっけ

昨日は成年後見人の仕事で、台東区役所の介護保険課に行ってきました。成年後見人制度については、人並みに勉強はしていたのですが、、、、、平成12年4月1日に成年後見制度と同時に施行された介護保険制度については、勉強していませんでした。

そこで、区役所に行ったついでに介護保険の手引き書をいただいてきました。

介護保険制度とは、介護を必要とする方やその家族の介護に対する不安や負担を軽減して、社会全体で支え合う制度だそうです。社会全体で支えるってどうゆうことなんでしょうね~?

40歳以上の国民が保険料を支払い、介護を必要とする人が介護事業者と契約して、利用限度額の範囲でサービスを選択して、利用する仕組みになっているのだそうです。ということは、私も介護保険料を支払っていたんでよね!

因みに、私はいままで病気らしい病気もしていないし、交通事故にも遭ったことないし、病院は嫌いだし、入院も出産の時3回だけだし、それも超安産だったので3日で退院させられたし、人間ドックも嫌いだし、、、介護サービスを利用するつもりがないので、介護保険には加入したくないのですが!との申立はできるのでしょうかね~?次回区役所に行ったときに訊いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひとりさま道

下り坂おひとりさま道そろりそろり

いよいよ12月に入りました。泣いても笑ってもあと一月で今年も終わりです。私の人生も曲がり角を過ぎ下り坂にさしかかりました。

白馬に乗った王子様が私の目の前に絶対に現れるを信じていたのですが、、、、、

昨日、久しぶりに末の息子と会いました。やっと就職が決まり結婚も決まったとのこと、ほっとしました。息子は大学入学と同時にひとり暮らしをしており、約10年間、彼なりに1人暮らしを楽しんだようです。それに引き換え私は、、、、、

そろそろ覚悟をしなければ、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »