« 還暦同窓会 | トップページ | 初夏だ初夏だ »

梔子の花

くちなしの花夢にみる年頃に

くしなしのおまえのようなはなだった

作夜、ほろよい気分の家路で、くちなしの香りに足が止まりました。道ばたに梔子のはなが咲いていていました!本格的な梅雨の季節になりました。

梔子は、この時期になると細長くねじれたつぼみがほどけて白色の6弁花を開き、芳香をただよわせています。雨上がりの夜はことのほか香りが高いですね。

渡哲也さんのくちなしのはなを口づさみました。くちなしの白い花おまえのよ~な花だった~!梔子の白いはなのような女性ってどんな女性なんでしょうね~?

梔子のはなはさき始めは、白いが、時がたつと黄色くなります。花後の果実は黄赤色で、古くから染料や薬用に用いられたそうです。

梔子の実は熟しても、口を開かないのでそうです。口が堅いのでしょうね~、だからクチナシ(口無し)なんですかね~?

くちなしのはなのような女性って、口数の少ない、口の堅い女性なんでしょうか?だとしたら、私のような女性でしょうね~

|

« 還暦同窓会 | トップページ | 初夏だ初夏だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梔子の花:

« 還暦同窓会 | トップページ | 初夏だ初夏だ »